座学録

id:hikaru515 の技術ブログです

シェル芸勉強会大阪サテライトに参加しました

はい。

515ひかるです。最近仕事が忙しすぎて死にかけています。

12/2の土曜日にシェル芸勉強会の大阪サテライトに参加してきたので少しその感想を書きます。午前中は用事があったので午後から参加しました。

感想

ほとんど解けませんでした(泣)

自分はほとんどシェル芸はしたことないんだなということを実感しましたね。もっと精進したいと思いました。

冷静に考えると、普段やっていることといえば git の branch を自動で消したり、使わない Docker コンテナを消したり、csvの1列だけ取り出して集計処理をしたり。ほとんど awkperl も使わないでやっていました。ていうかよく考えると僕は bash の while 文がかけないような人でした。

まぁそんなわけで、途中までは自分でやって時間切れになって Twitter の回答や模範回答を写して勉強をしている感じの時間でした。それはそれで勉強になったのでよかったと思っています。

問題

問題はこちらにあります。

ざっくりと感想を書いていきます。

Q.1

少し遅れたためリアルタイムでは参戦できず。

埋まっている表示との diff をとって diff での表示を利用して空白にするというのが個人的には「ほえ〜」という感想を抱いた。

カンニングしながら再現した回答がこちら:

Q.2 は省略。

Q.3

cat /etc/services | grep まではすぐに思いつくも、factor をどう絡ませるかがわからず。模範回答では while していたような。

ここまでは僕でもチャレンジはできましたね。

Q.4

何も思い浮かばず。結局自分が欲しい順番にならべかえるという話なのですが。

Q.6

ツイートの増減をどう検知するのかわからなかったけど、 mobile.twitter.com にアクセスしてツイート数をとるところまではワンライナーでできた。 w3m --dump のヒントがなければできなかったけど。。

Q.7

Rubyのデータ構造に落とせないかなーって考えていたけど結局どうあがいても汚くなる感じがしました。ワンライナーでは厳しいですね。。。

Q.8

Perl の正規表現すごい(小並)

Perl さっぱりわからないんですが、シェル芸には本当によく使えそう。

ざっくりまとめ

終わった後、エレベーターを降りたら、どなたかが「なんか、俗世に降りてきたみたい」と呟いていたのがわらえました。

数時間、課題のワンライナーを書くことに集中する。なかなか贅沢でストイックな時間でした。家でストリーミングをみているより圧倒的に濃密な時間が過ごせた気がします。

楽しかったです、ありがとうございました。