Phoenix API サーバーの Docker 化


Elixir Docker

Postgres を docker run -d --rm ... して、 Phoenix サーバーを mix phx.server して、というのにだんだん「ムキーッ」ってなってきたので Docker コンテナ化をすることにした。

ちなみに JavaScript などフロントエンドの部分は今回はなかったので面倒がより少なかった。

やること

docker-compose up とやると Phoenix サーバーと Postgres サーバーが立ち上がって mix ecto.setup; mix phx.server されるという状態をゴールにする。

やったこと

Dockerfile

まず Dockerfile を書く。

FROM elixir:1.8.1

RUN mkdir -p /src
COPY ./ /src/
WORKDIR /src/
RUN mix local.hex --force \
    && mix local.rebar --force \
    && mix deps.get

ENV MIX_DEV=dev

EXPOSE 8000

CMD ["/src/setup.sh"]

全部 COPY している都合いろいろと不要なものも混じるので .dockerignore をいろいろ設定する。本当は COPY するファイルやディレクトリを逐一指定したほうがいいのかもしれない。

shell

セットアップするシェルスクリプト(Dockerfile の setup.sh)を書く。といっても mix を使うだけ。

#!/bin/sh

mix ecto.setup
PORT=8000 mix phx.server  # デフォルトのポート番号は 4000

docker-compose の設定

version: "3"
services:
  postgres:
      image: "postgres:11.2"
      ports:
        - "5432:5432"
      environment:
          POSTGRES_USER: postgres
          POSTGRES_PASSWORD: postgres

  core_api:
      build: .
      ports:
        - "8000:8000"
      environment:
          POSTGRES_HOST: postgres
      depends_on:
        - postgres
      links:
        - postgres

もしかしたら links があれば depends_on は要らないかも。

config/dev.exs の設定

Postgres のホスト名を links で指定した名前にする必要があるので、ここでちょこっとだけ Elixir のコードを書く。といってもほんとにちょこっとだけ。

データベースの設定の hostname: "localhost" を次のように指定。

# config/dev.exs

# Configure your database
config :api, Api.Repo,
  username: "postgres",
  password: "postgres",
  database: "api_dev",
  hostname: "localhost",
  hostname: System.get_env("POSTGRES_HOST") || "localhost",
  pool_size: 10

環境変数 POSTGRES_HOST があればその値を、なければ "localhost" を採用するパターンマッチを書いただけ。

おわり

この状態で docker-compose up をやると無事に起動します。めでたしめでたし。