2 minute read

最近は Java っぽい Python を書いている。いや、僕は Java を書いたことがないので本当に Java っぽいのかはよくわからないのだけれど。

そんなわけで、 class の使い方について最近学びが多い。 Effective Python で読んだメタクラスとかが早くも役に立っている。ということで今日は抽象クラスの使い方なんかをまとめておく。

abc モジュール

abc って言われた時、「アルファベットの最初の3文字がどうかした?」と思ったけれど、これは “Abstract Base Classes” の略。日本語にすると抽象基底クラス。

いつも使えるわけではないが、

  • 類似の処理をするクラス群がある
  • クラスごとに固有のメソッドと共通のメソッドがある

という状況下において威力を発揮する。具体的には、

  • 共通のメソッド及びパブリックメソッドは統一して抽象基底クラスで定義
    • 各種クラスは抽象基底クラスを継承して固有のメソッドのみを実装する

とすることでクラスが増えても固有のメソッドにのみ注力すればよい。

以下に具体例を用いてどんな利点があるのかを書くが、正確なことは公式ドキュメントを見るべきだ。この記事書く必要なくない?

具体例

動物を鳴かせる

たとえばよくある例で Dog というクラスに鳴く(bark)というメソッドを定義することを考える1

class Dog(object):
    def bark(self):
        print('わんわん')

こんなふうに定義して使っていたところ、動物は犬だけじゃなく猫も必要だということがわかった。ということで猫も定義しよう。

class Cat(object):
    def meow(self):
        print('にゃー')

この実装の問題

とここで次のようなユースケースで早速困る。

def make_sound(animal):
    animal.bark()  # animal が Dog だったらOK, Cat だったらエラー

ということで、動物の鳴き声メソッドは統一するべきだとわかる。ここでは sound としよう。

複数のクラスのメソッドを統一

以下のように DogCat を定義し直す。

class Dog(object):
    def sound(self):
        print('わんわん')

class Cat(object):
    def sound(self):
        print('にゃー')

この実装だと上の make_sound 関数は下記の実装にすれば問題なく動く。

def make_sound(animal):
    animal.sound()

他の動作を追加

しかし、動物は鳴く以外の動作もする。例えば、「走る」を実装しよう。といっても、本当に走らせるのではなくここでは文字を print するだけにする。

class Dog(object):
    def sound(self):
        print('わんわん')
    def run(self):
      print('スタタタタ')

class Cat(object):
    def sound(self):
        print('にゃー')
    def run(self):
        print('スタタタタ')

おや? 犬も猫も走り方は一緒なのか音が同じだ2。メソッドが同じになってしまった。

動物の追加

さらにここに、猿を加えなくてはならなくなった。そして猿は “ウキー” と鳴いて、”スタタタタ” と走る(としよう)。つまり run メソッドは3つのクラスにおいて共通のメソッドで、 sound は名前は同じだが実装は異なるメソッドになる。

こういう状況において、 abc モジュールを使ってみよう(やっと本題か。。。)

abc モジュールを利用した実装

まず、 Animal という抽象クラスを作る。「動物」という名詞はあるが、「動物」という動物はいない。なので動物はインスタンス化させない。一方でここで考慮している動物は「鳴く」ことと「走る」ことはする。

なので、次のような実装にしよう。


from abc import ABCMeta, abstractmethod

class Animal(object, metaclass=ABCMeta):
    @abstractmethod
    def sound(self):
      pass
    def run(self):
      print('スタタタタ')

こうすることで、まずインスタンス化できないクラスができた。

Animal()  # =>TypeError: Can't instantiate abstract class Animal with abstract methods sound

次に Monkey を実装しよう。しかし筆者はうっかり Monkeysound メソッドを実装し忘れてしまった。

class Monkey(Animal):
    pass

このインスタンス化も失敗する。

Monkey()  # => TypeError: Can't instantiate abstract class Monkey with abstract methods sound

@abstractmethod としているので、 sound メソッドが定義されていない場合エラーが発生する。定義していないと失敗するので sound メソッドを定義し忘れる心配がない3

さて、うっかりミスを Python に教えてもらったのでミスを正そう。

class Monkey(Animal):
    def sound(self):
        print('ウキー')

Monkey().run()  # => スタタタタ
Monkey().sound()  # => ウキー

これで DogCatAnimal を継承するようにすれば、全部の動物に sound メソッドと run メソッドが定義されている状態が保証できる。

class Dog(Animal):
    def sound(self):
        print('わんわん')

class Cat(Animal):
    def sound(self):
        print('にゃー')

なお、ここで例えば Dog だから bark() とメソッド名を誤ってしまっても、やはりインスタンス化に失敗するので気付ける。

注意

ここでは動物の共通メソッドして run を例に挙げたが、実際には走らない動物が居たりするように、「本当に今後も作成するクラスについても共通のメソッドなのか」あるいは「今後作成するクラスについても共通の実装なのか」ということは常に念頭に置きたい。「なんかこの2つ一緒っぽいから共通化しようぜ」という雑い考えでやると痛い目を見る(見たことがある)。

ちなみに筆者はこれをデータを取得するクラス(データソースが MySQL になったり CSV になったり JSON になったりするが、最終的に obj.load()pandas.DataFrame が帰ってくるようにしたい)においてこの実装を行った。データを取得し DataFrame にするまでが固有のメソッドで、 DataFrame にしたあとの処理が共通のメソッドになる。

まとめ

  • 抽象基底クラスというものがある
  • クラスの定義に制限をかけることでインターフェースを統一できる
  • 「共通メソッド」がある前提
    • その共通メソッドは本当に今後も共通なのか?

実行環境

  • macOS High Sierra
  • Python 3.6.5

  1. @staticmethod デコレータとかつけろよ、と怒らないでください。。。今の場合はつけるべきなのかもしれませんが、ここに書いているのは雑なコードなので。 [return]
  2. ということにしておいてください。お願いします。 [return]
  3. 欲を言えばインスタンス化じゃなく定義時にエラーが発生して欲しいと少し思うが、そこまで調べられていない。 [return]